Netflix(ネットフリックス)のおすすめできない海外ドラマランキング

netfli

他の動画配信サービス同様、Netflix(ネットフリックス)にも面白くない海外ドラマが結構あります。時間の無駄にならないためにも、そんな海外ドラマはできるだけ避けて通るように、ここにおすすめできないNetflix(ネットフリックス)自主制作作品をランキング形式にして紹介します。



スポンサーリンク


Netflix(ネットフリックス)のつまらない海外ドラマワーストランキングトップ5

5、ベター・コール・ソウル

better

ブレイキング・バッド」の弁護士ソウル・グッドマンを主役としたスピンオフコメディードラマ。ドジで間抜けな貧乏弁護士が巻き込まれる様々なトラブルや事件を描いた物語で、ダラダラの展開とタレント不足感が否めないシリーズ。最初のエピソードを見たら、とても続きが見たくならない一本。

4、ハンドレッド

100

核戦争によって放射能で覆われた地球に宇宙ステーションから選ばれた100人の若者が向かうSFアドベンチャー。主要キャストがみんなキャピキャピした若者ばかりで俳優、脚本の質がかなり低いシリーズ。

3、グレイス&フランキー

grace

ある日、何十年も連れ添ったグレイスとフランキーの旦那が突然離婚を切り出してくる。なにかと思えば旦那同士が実はゲイで、過去20年以上も内緒で付き合っていた、という中年の登場人物たちが迎える新たな人生の局面をテーマにしたコメディーシリーズ。コメディーだけど、ほとんど笑えないのが欠点。

2、ウェット・ホット・アメリカン・サマー

Wet-Hot-America-Summer

キャンプにやってきた間抜けな男女たちが繰り広げる、くすりとも笑えないコテコテの低レベルおバカアメリカンコメディー。

1、ブラッドライン

bloodline

フロリダキーズのビーチサイドでホテルを経営する家族による人間ドラマ。トラブルメーカーの長男が家に帰ってきたことで巻き起こる兄弟同士の確執や過去の出来事などに焦点を置いていて、テンポがとにかく悪く、無駄なシーンが多すぎるシリーズ。