ブリズン・ブレイクの英語の名言&名セリフ

この記事は 約5 分で読めます。

prison

「ブリズン・ブレイク」といえば日本で「24 -TWENTY FOUR-」、「Lost」などと並び三大海外ドラマの一つと言われるほどのヒットシリーズです。いわゆる脱獄アクションドラマで、スリリングで息を飲む展開がヒットの要因となりましたが、名言名セリフもまた多いことで知られています。ドラマの理解力を挙げるためにもぜひチェックしておきましょう。

ブリズン・ブレイクの名セリフ

1、We are captives of our own identities, living in prisons of our own creation.

俺たちはみんな自分自身のアイデンティティーに縛られていて、自分自身の創造の塀の中で生きているんだ。

セオドア・バッグウェルのセリフ

captiveとは「捕虜」、「囚われの身」、「人質」などを意味しますが、この場合は、「アイデンティティーに捕らわれている身である」ことを指しています。prisonはドラマの題名でも「刑務所」を意味します。

2、Preparation can only take you so far, after that you’ve got to take a few leaps of faith.

準備をすればそこまではたどりつけるだろう。その後は(できると)信じ込まないといけない。

マイケル・スコフィールドのセリフ

to take a leap of faithとは「(確証のないことを)信じ込んでやる」、「思い切ってやり通す」といったニュアンスになります。

3、I don’t like getting attached to things if I know they won’t last.

長続きしないことに愛着を持つのは嫌いなの。

サラ・タンクレディのセリフ

to get attached to ~で「~に愛着を持つ」となります。

4、You show up and give me the one thing a man in my situation shouldn’t have,,,,hope.

お前は目の前に現れて、この状況で男が持つべきじゃないものをよこすんだ、希望という。

リンカーン・バローズ

to show upは「出現する」、「現れる」といった意味になります。

5、Be the change you wish to see in the world.

この世界に望む変化に、自分自身が成ってみせるんだ。

マイケル・スコフィールドがマハトマ・ガンジーの名言を引用したもの

6、I choose to have faith;because without that, I have nothing.

俺は信念を持つ。だってそれなければ俺には何もないから。

マイケル・スコフィールド

faithはこのドラマでたびたび登場する単語で「信念」、「信条」、「信仰」などの意味を持ちます。

7、When I was a child, I couldn’t sleep at night because I thought there was a monster in the closet. But my brother told me there isn’t anything there but fear.

子供の頃、クローゼットに怪物がいると思っては夜眠れなかった。けれど兄貴がそこには恐怖以外何もいないと教えてくれた。

マイケル・スコフィールドのセリフ

there isn’t anything there but fear の「but」はこの場合、「しかし」ではなく、「~以外の」、「~を除いて」という意味になります。

8、You know we spend so much of our lives not saying the things we want to say… The things we should say. We speak in code, we send little messages; origami. So now, plainly, simply, I want to say that I love you both.

俺たちは人生の中で言いたいことを言わずに、言うべきことも言わずに長い間過ごしている。暗号で喋って、折り紙で小さなメッセージを送って。だから今、はっきりと、シンプルにお前たちのことを愛してると言いたいんだ。

マイケル・スコフィールドのセリフ

9、I love you, that’s all I know right now.

愛してる、今俺が分かってることはそれだけだ。

マイケル・スコフィールドのセリフ

that’s all I+動詞で「私が~するのはそれだけだ」というフレーズになります。

10、I know I’m supposed to be happy right now but I’m so scared. I’m just scared we’re going to have come all this way and I’m going to lose you anyway.

今は幸せになるべきなんだろうけど、私怖いの。ここまでやっとたどり着いたのに、どっちにしろあなたを失うことになる、ということがただ怖いの。

サラ・タンクレディのセリフ

to be supposed to +動詞で「~するべきだ」、「~することになっている」、「~するはずだ」という表現です。