ハウス・オブ・カード 野望の階段

この記事は 約6 分で読めます。

House-of-Cards

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は下院議員のフランクが当選を手助けした大統領に裏切られたことをきっかけに、どんな手段を使ってもホワイトハウス入りを目論む政治ドラマ。

政治家のスキャンダルやスリリングなホワイトハウス内部の駆け引きが見所で、英語の政治用語を学ぶには最適です。政治ドラマというと一見難しいように感じますが、難しいのは専門用語だけで、会話は実は他のドラマよりも分かりやすかったりします。

というのも政治家はスラングなどはほとんど使わず、文法的にも正しくきれいな英語を話すからです。今回は主人公のフランクとクレアを中心に登場人物たちが残した名言、名セリフを紹介します。

ハウス・オブ・カードの名セリフ

frank

フランクのセリフ

1、I love that woman. I love her more than sharks love blood.

俺はあの女を愛してる。鮫が血を愛するより、彼女を愛してるんだ。

more than~で「~より~だ」という文になります。

2、If you want to earn my loyalty then you will have to offer yours in return.

俺の忠誠心が欲しかったら、お前の(忠誠心)を代わりにおれに渡すんだ。

loyaltyは「忠誠心」、「忠実さ」、「誠実さ」などの意味になります。

3、Democracy is so overrated.

民主主義はすごく過大評価されている。

to be overratedで「過大評価されている」となります。

4、Do not start a war you know you’re gonna lose.

負けると分かっている戦争は始めるな。

gonnaは「going to」の省略形です。

5、For those of us climbing to the top of the food chain, there can be no mercy. There is but one rule: Hunt or be hunted.

食物連鎖のトップに登ろうとしている我々にとって情けなんてあってはならないんだ。ただし一つだけルールはある。狩るか、狩られるかだ。

mercyは「情」、「情け」、「慈悲」などと訳されます。

6、From this moment on you are a rock. You absorb nothing, you say nothing, and nothing breaks you.

この瞬間からお前は岩だ。なにも吸収しない、なにも言わない、それに何事もお前のことは壊せない。

From this moment onやFrom now onで「今から」、「たった今から」というフレーズになります。

7、Congress is a game of chess and you must never let your opponent see your pieces.

議会はチェスのゲームで、絶対に相手に自分の駒を見せてはいけないんだ。

must never let someone+動詞で、「決して~させてはいけない」というフレーズになります。

8、Friends make the worst enemies.

友人が最悪の敵を作る。

9、A lion does not ask permission before he eats a zebra. Lions cannot talk and zebras will not listen.

ライオンはシマウマを食べる前に許可なんて得ない。ライアンは喋ってはいけないし、シマウマだって聞く耳をもたない。

to ask permissionで「許可を得る」、「承諾を得る」という意味になります。

10、

Power is my food.          権力は俺の食事。
Combat is my sleep.         戦いは俺の睡眠。
Blood is my oxygen.         血は俺の酸素。
Politics is my blood.         政治は俺の血。
Sleep is my enemy.          睡眠は俺の敵。
My enemies are my food.      俺の敵は俺の血。

clear

クレア・アンダーウッド

11、My husband doesn’t apologize…even to me.

私の夫は謝ったりしない。私にだってね。

to apologizeは「謝る」、「謝罪する」という意味の動詞です。

12、Such a shame, how naive you are.

なんて恥なの。そんなにあなたがうぶだなんて。

naiveは英語では「うぶ」、「純真」など、子供のような経験のない人間を指す言葉で、日本語とは使い方が違います。

13、Let’s make him suffer.

彼を苦しませようよ。

14、The less you say, the more they’ll dig.

発言しなければしないほど、掘り起こされるわ。

The less~ the more ~で「~しなければしないほど、もっと~になる」という表現になります。

15、My husband and I tell each other everything.

夫と私はお互いになんでも話すの。

16、When we care too much, it blinds us.

人は大切にしすぎると、周りが見えなくなるの。

to blind someoneは「誰々を失明させる」、「誰々の目を見えなくさせる」という意味になります。

17、Oh, I’m sorry, am I intruding? Is there a spider I can trap?

あら、ごめんなさい。お邪魔だったかしら。私がひっかかるクモの巣でもあるのかしら。

to intrudeで「邪魔する」、「侵入する」となります。

18、We can be dangerous, too. When we need to be.

私たちだって危険な存在になれるのよ。もしその必要があったら。

stamper

19、Sometimes for my job, I have to put fear in other people.

ときどき自分の仕事のために他人に恐怖を植え付けないとならないんだ。

ダグラス・スタンパーのセリフ

rachel

20、I’ve never expected much from the world. It’s ugly. It’s not a fair place.

この世界から多くを期待したことなんてないわ。醜くて、不公平な場所だもの。

レイチェルのセリフ

to expect from somethingで「~に(から)期待する」というフレーズになります。

zoe

21、So, you think when a woman asks to be treated with respect that’s arrogance?

女がリスペクトを持ってして接して欲しいと頼むのは、横柄だと思ってるわけ?

ゾーイ・バーンズのセリフ

arroganceには「横柄」、「傲慢」、「尊大」などの意味があります。

chirs

22、I wouldn’t be sitting here If if wanted a shoulder to cry on.

もたれかかって泣くための肩が欲しかったら、こんなところには座ってないわ。

クリスティーナのセリフ

人の力を借りるぐらいなら、こんな仕事はやっていないという意味です。