クローザー

the-closer

「クローザー」はやり手の刑事ブレンダ・リー・ジョンソン率いるLA警察殺人課を舞台とする刑事ドラマ。仕事を終わらせる意味の「クローザー」と呼ばれて親しまれているブレンダの破天荒さが見所で、南部訛りの英語が特徴です。ここではブレンダを始め、同じ課で勤務する仲間たちの名セリフを紹介します。

スポンサーリンク

クローザーの名セリフ

brenda

ブレンダのセリフ

1、I’m not looking for a decent human being, I’m looking for a great doctor and you’re it.

私はまともな人間なんて探してないわ。私は優れた医者を探していて、あなたがそれにあたるの。

to be looking for somethingで「~を探している」というフレーズになります。decentには「まっとうな」、「正当な」といった意味があります。

2、Win win win, that’s all she cares about. So competitive!

勝って、勝って、勝つ。彼女にとって大事なのはそれだけ。なんてやり手なんでしょう。

competitiveは「競争力のある」、「競争能力のある」といった意味の形容詞です。

3、What’s the point of being in charge if you can’t change anything but your diet?

食事以外の何も変えられないなら責任者になったところで何の意味があるの。

to be in chargeで「~を担当する」、「~を管理する」、「~の責任者になる」といった意味になります。

4、Doing this job, reporting to Taylor, I’d rather put pins in my eyes, I swear!

この仕事をして、テイラーに報告するなんて、自分の目にピンを刺したほうがましよ。誓うわ。

5、I speak German, Russian, and am fully conversant in Czech, and I have to move to the one city where half of the people are from Latin America?

私はドイツ語、ロシア語を話すし、チェコ語で十分熟知してる。それなのに半分の住民はラテンアメリカ出身のような街に引っ越さないといけないなんて。

6、How did I become one of these women with too many cats? How did this happen?!

たくさんの猫に囲まれるような女にどうしてなったのかしら。どうしてよ。

How did I become~で「どのようにして私は~になったの?」という疑問文です。

7、It’s not my cat, it just lives with me and eats at my house.

私の猫じゃないわ。ただ、私と一緒に住んで、私の家でご飯を食べるだけよ。

8、I like to have answers before I ask questions.

私は質問する前に答えが欲しいの。

david

9、You need to get out of my house, you need to get out of my church, and you need to get out of my life, Ann!

家から出て行ってくれ。教会から出て行ってくれ。俺の人生から出て行ってくれ、アン!

デビッド・ガブリエルのセリフ

to need to+動詞で「~する必要がある」という文章になりますが、この場合は命令文に近いニュアンスで使われています。

10、Okay, so you’re certain of his age but you don’t know his name?

分かったよ、つまり彼の年齢は確かなのに、彼の名前は知らないってことかい?

デビッド・ガブリエルのセリフ

to be certain of ~で、「~について確信している」というフレーズになります。

11、Well, I guess we can all stop wondering if the Pope’s Catholic.

みんなして、ローマ法王がカトリック信者かどうか疑うのは止めよう。

アンディー・フリンのセリフ

分かりきったことに疑問を持つのはよそうというニュアンスです。to wonderは「~かなあと思う」、「~かなあと疑問を持つ」という意味の動詞です。

12、You always lie. Who can trust you?

君はいつも嘘を付く。誰が君を信用するんだい?

ストローのセリフ

13、I don’t understand! Are you a good guy or a bad guy?

理解できないんだ。君はいい奴、それとも悪い奴?

クーパーのセリフ

14、Well, since our bad-mannered correction officer didn’t do so, let me introduce myself.

さて、マナーの悪い刑務官が(紹介)しなかったので、自己紹介させてもらうよ。

ピーター・ゴードン

correction officerで「刑務官」という意味なります。

15、Hey Morris, I have a little tip on following someone. Where they go, you go.

ヘイ、モリス、人を尾行するときのちょっとしたアドバイスがあるんだ。彼らが行くところに、お前も行くんだ。

ルイ・プロベンザのセリフ

tipは「助言」、「コツ」などの意味があります。