海外ドラマSUITS/スーツの名セリフ&名言

この記事は 約5 分で読めます。

suits-usa

「SUITS/スーツ」は敏腕弁護士ハーヴィとその部下で、経歴詐称で弁護士になった天才青年マイクによる裁判ドラマ。次々と難しい訴訟を二人が解決していく様子が爽快で、裁判ものが好きな人にはもってこいの作品です。

法律用語がたくさん出てくるので、英語でさらに上のレベルを目指す人には大変勉強になると思います。ここでは徹底した現実主義者のハーヴィやほかの登場人物の名セリフをまとめてみました。

SUITS/スーツの名セリフ

harvey

ハーヴィのセリフ

1、I don’t have dreams, I have goals.

俺に夢なんてない。あるのはゴールだ。

2、I don’t take meetings, I set them.
俺はミーティングは取らない。俺がミーティングをセッティングするんだ。

予定は全部自分が決める、という彼の性格を表しています。

3、That’s the difference between you and me, you wanna lose small, I wanna win big.

それがお前と俺の違いだよ。お前は小さく負けたがっていて、俺は大きく勝ちたいんだ。

the difference between A and Bで「AとBの違いは~」というフレーズになります。wannaは「want to」 の省略形です。

4、Sometimes good guys gotta do bad things to make the bad guys pay.

ときどきいい人間は悪い人間に償いをさせるために悪いことをしないといけないんだ。

gottaは「got to」、あるいは「have got to」の省略形で、「~しなければならない」という意味になります。

5、Winners don’t make excuses.

勝者は言い訳をしない。

to make excuseで「言い訳をする」というフレーズになります。

6、The only time “success” comes before “work” is in the dictionary.

「成功」が「努力」より先に来るのは辞書の中だけだ。

workはこの場合、「仕事」という意味より、「努力」や「実行」を指しており、努力なくして、成功はありえないという文になります。

7、How I sleep is none of your concern.

俺がよく寝てるかどうかなんて君の問題じゃない。

none of your concernで「あなたに関係ない」、「あなたの問題じゃない」という意味になります。

8、I don’t pave the way for the people.People pave the way for me.

俺は人のために道なんて作らない。人が俺のために道を作るんだ。

to pave the wayで「道を開く」、「お膳立てをする」といった意味になります。

9、I don’t need a start, I need a finish.

スタートなんて必要ない、必要なのは終わりだ。

mike

マイクのセリフ

10、Right now I don’t care about the case, I care about you.

今は訴訟が気がかりなんじゃない。君が気がかりなんだ。

caseはこの場合、「訴訟」や「裁判」を指しています。

11、For the record, she’s really hot.

言っておくけど、彼女はすごくセクシーだよ。

For the recordは直訳すると「記録のためにいっておくけど」となり、なにかをあえて伝えるときに言うフレーズです。

12、So tell me, Jessica, when the hell does this become your dirty little secret?

あのさ、ジェシカ、一体いつからこの件が君のやばい秘密になったんだい?

dirty little secretは「決まりの悪い事実」や「知られたくない秘密」のことです。

13、The least I can do is comfort him when he’s down.

僕ができる最低限のことは彼が落ち込んでいるときに慰めることだよ。

The least I can do is~で「私にできるせめてものこと」という表現になります。

14、When you left the firm you left me, too. But I honestly thought we would always be friends. Now I’m not so sure.

あなたが事務所を去ったとき、私のことも見捨てたのよ。でも正直言って、私たちはずっと友達でいられると思ってた。今は確かじゃないけど。

ドナ・ポールセンのセリフ

firmはこの場合、「会社」や「事務所」を指します。

15、You have to stop this because you owe me.

こんなこと止めてくれる、あなたは私に借りがあるんだから。

レイチェル・ゼイン

to owe someoneで「借りがある」という意味になります。