Dr.HOUSE

この記事は 約6 分で読めます。

house

「Dr.HOUSE」は病気の原因を突き止めるためならどんな手段でも使う、破天荒な医師ハウスを主人公とした医療ドラマ。ハウスの傍若無人ぶりはもちろん彼が患者、上司、部下たちと喧嘩をしながらも病因の解明のために突き進む様子が爽快で、時間を忘れてしまうこと間違いなしです。

また、捻くれ者で、独特の哲学を持つハウスの口からは名セリフ&名言が次々と出てくるので要チェックです。ちょっぴりネガティブだけれど、真実を突いたハウスの言葉を紹介します。

Dr.HOUSEの名セリフ

houses2

ハウスのセリフ

1、Everybody lies.

誰だってみんな嘘をつくんだ。

ハウスが口癖のようにいるセリフで、「人は嘘をつく」となどと訳されることもあります。

2、If you talk to God you’re religious. If God talks to you, you’re psychotic.

神に話しかける人は宗教家で、神が話しかける人は精神異常者だ。

religiousは「信仰心の強い人」なのに対し、psychoticは「精神障害者」、「精神病を抱えた人」などの意味があります。

3、If you could reason with religious people there would be no religious people.

もし宗教家を理詰めで説得できるんだったら、宗教家なんて存在しなくなる。

reasonはこの場合動詞で使われており、「論理的に納得させる」というニュアンスがあります。

4、The concept you have about me won’t change who I am, but it can change my concept about you.

俺に対するあなたの概念が俺という人間を変えることはない。しかしあなたに対する俺の概念を変えることはある。

conceptは「コンセプト」、「考え」、「概念」など様々な意味を持ちます。

5、Better a murder than a misdiagnosis.

誤診よりは殺人者のほうがまし。

misdiagnosisは「診断ミス」、「誤診」などを意味する名詞です。

6、If you can fake sincerity, you can fake pretty much anything.

誠実さを偽ることができれば、だいたいなんでも偽ることができる。

sincerityは「誠実さ」、「誠意」などを意味します。pretty much anythingで「ほとんどなんでも」、「だいたいなんでも」というフレーズになります。

7、Things change, doesn’t mean they get better.

物事は変化する。それはよくなるという意味ではない。

8、Cause I’m the most screwed up person in the world.

なぜって、俺は世界一ろくでもない男だからだよ。

I’m the most +形容詞+person、または I’m+the +最上級+personで「私は一番~な人だ」となります。

9、”Time changes everything” That’s what people say, it’s not true.Doing things changes things. Not doing things leaves things exactly as they were.

時間がすべてを変える、と人はいうけれど、それは真実じゃない。物事を実行するから物事が変わるのであって、なにもしなければ、そのままの状態のままだ。

That’s what people sayは直訳すると、「それは人々が(常々)言うことだ」となります。
10、If you’re dying, suddenly everybody loves you.

死ぬときになったら、突然みんなから愛されるんだ。

11、Almost dying changes nothing, dying changes everything.

死にそうになっても何も変わりはしない。死ぬことがすべてを変えるんだ。

almostには「ほとんど」という意味のほかに「~するところだった」といった意味もあります。

12、You know how people say you can’t live without love?
Well, oxygen is even more important.

愛なしでは生きられない、なんて人は言ったりするだろ。っていっても酸素のほうがよっぽど大切だろ。

13、If you don’t succeed, remove all evidence that you ever tried.

もし成功できなかったら、トライしたという証拠を全部消すんだ。

to succeedは「成功する」、「上手くいく」といった意味の動詞です。

14、Either God does not exist, or he is unimaginably cruel.

神が存在しないか、あるいは彼は想像できないほど残酷かだ。

Either~、or~で、「~あるいは~だ」という文章になります。

15、Listen, I saved his life. That means I get credit for every life he saves from here on out.

いいか、俺が彼の命を救ったんだ。ということは彼が今後救う全ての命は俺のおかげだ。

from here on outで「今後永久に」、「今後一切」などの意味になります。

16、Truth begins in lies.

真実は嘘の中に始まる。

嘘の中にこそ真実が隠されている、といったニュアンスです。

17、I’ve found that when you want to know the truth about someone that someone is probably the last person you should ask.”

もし誰かについての真実が知りたかったら、その誰かに聞くのはおそらく間違っているだろう。

that someone is probably the last person you should askを直訳すると、「その誰かはおそらく最後に聞くべき人間だ」となります。

18、Humanity is overrated.

ヒューマニティーは過大評価されている。

to be overratedで「過大評価を受ける」という意味になります。

19、Patients sometimes get better. You have no idea why, but unless you give a reason they won’t pay you.

患者の様態が良くなっても、なんでそうなったか分からないことがある。ただ、理由を与えなくては、彼らはお金を払おうとしない。

unless~でこの場合「~しなければ~だ」という文章になります。

20、Never trust doctors.

決して医者を信用するな。

Never +動詞で、「決して~するな」という否定命令文になります。