glee/グリーの英語の名セリフ&名言

この記事は 約7 分で読めます。

glee

「glee/グリー」は全米で大ヒットを飛ばした青春学園ドラマ。日本でも学園もののドラマは人気のジャンルですが、アメリカでもそれは同じです。

最近の日本の学園ドラマはいじめや不登校など問題を取り上げるものが多いような印象を受けるのに対し、アメリカの学園ドラマはとにかく前向きなコメディーが主流です。

「glee/グリー」もまたコメディー色が強く、そこにさらに合唱部のパフォーマンスを加えたミュージカルの要素も混ざっています。学生の人が見れば共感できることはたくさんあることは間違いなく、また社会人の人が見ても昔を思い出して胸が熱くなるはずです。そんな「glee/グリー」の登場人物たちは一体どんな英語の名セリフ&名言を残したのでしょうか。

glee/グリーの名セリフ

will

ウィル・シュースターのセリフ

1、We were all raised by different parents, but we grew up together in the Glee club.

僕らはみんなそれぞれ違う両親に育てられたけど、みんな同じグリークラブで一緒に大きくなったんだ。

to be raised by someoneで「誰々に育てられる」という受動態の文になります。それに対し、 to grow upは「育つ」、「大きくなる」といった動詞です。

2、You did the worst thing you possibly could have done. You gave me hope.

君はおそらく最悪のことをしでかしたよ。僕に希望をくれたんだ。

「最悪」という前置きをしておきながら、最後に「hope」という間逆な言葉を持ってきているのがポイントです。

3、You just need to keep findng the places you belong and the people you belong with. And then you’ll have an army to fight alongside of you until the world is finally brave enough to accept you for who you are.

君は自分が属する場所と自分が属する人を探し続けないといけないんだ。そしたら君と一緒に戦ってくれる軍隊ができるから。世界がいつか勇敢になって、君のことをありのままで受け入れられるようになるまではね。

to belongは「属する」、「所属する」といった意味になります。to fight alongsideで「共に戦う」という意味になります。

4、There comes a moment in every performer’s life that defines him or her, sometimes for the rest of their career. This is our moment. We’ve struggled. We’ve endured. And now we must triumph.

パフォーマーの人生において、彼自身、彼女自身の評価を決める、ときにはその後のキャリアを決定付ける瞬間がやってくるぞ。さあ、僕らの出番だぞ。やることはやった。つらいことにも耐えた。あとは勝つだけだ。

to difineは「決定付ける」、「決める」といった意味があります。to struggleは「奮闘する」、「頑張る」といった意味があるのに対し、to endureは「耐える」、「我慢する」といった意味があります。

5、And hey, why worry about carbs when we’re all gonna die anyway?

ねえ、なんで炭水化物なんて気にするんだよ、どうせみんないつか死ぬのにさあ。

carbsは「carbohydrate 炭水化物」の省略した形です。会話ではwhy do you worry? とせずに、why worry?のように主語を省いてしまう場合もあります。

6、Don’t act like you’re above these kids, Finn. Not that long ago you were one of them.

フィン、自分が彼らより上みたいに振舞うなよな。最近までお前も彼らの一人だったんだぞ。

aboveは「上」、「上位」などを意味し、この場合は「より優れている」ことを意味しています。Not that long agoは直訳すると「それほど遠くない昔」といったニュアンスになります。

7、I have so much to thank you guys for. Not just for making every day of my life an absolute joy, but for giving me this chance to share that joy with others.

みんなには本当に感謝しないと。僕の人生に最高の喜びを与えてくれただけじゃなくて、その喜びを他人と分かち合うこのチャンスを与えてくれたことにね。

thank you for~で「~に感謝する」というフレーズになります。

mercedes

メルセデス・ジョーンズのセリフ

8、You wanna know what the best thing is about having our gift? It’s always there like a good friend. When you open your mouth, there it is.

(歌が上手い)才能があると何が最高かって知りたい? いい友達みたいにいつもそこにいてくれること。口を開けると、そこに(美しい声が)いるから。

giftはこの場合「才能」、「天賦の才」などを意味します。

sue

スーのセリフ

9、Oh, honey. All healthy relationships are built on lies! You know what? I’m pretty sure that’s why I ended up divorcing myself.

あのね、健全な関係は嘘によって作られるの。っていうか、だからこそ私は離婚したに違いないわ。

スー先生が嘘をつけない性格であることを表したフレーズです。

blaine1

ブレイン・アンダーソンのセリフ

10、Sometimes if you want to make change you gotta make a little noise.

(なにかを)変えたければ、ときには少しばかり音を立てないといけないんだ。

make noiseはこの場合、「主張する」、「自己表現する」といったニュアンスで使われています。

rachel

レイチェル・ベリーのセリフ

11、All I’ve ever wanted is to come home and have everyone know my name and now they do.

地元に帰ったらみんなが私の名前を知っていることがずっと私の望みだったの。 今では彼らは(私のことを)知ってるわ。

june

ジューンのセリフ

All I’ve ever wanted isで「私がずっと望んでいたことは~だけ」というフレーズになります。
12、I’ve been in and out of love more times than you’ve had breakfast.

私はあなたが朝食を取った回数よりも多くの恋をしたし、失恋もしたわ。

to be in loveで「恋に落ちる」となるのに対し、to be out of love で「失恋する」、あるいは「恋をしていない」といった状態を指しています。

glee/グリーの名場面で英語を勉強する