海外ドラマシャーロックの英語の名セリフ&名言

この記事は 約4 分で読めます。

sherlock

「SHERLOCK(シャーロック)」は名探偵シャーロック・ホームズの現代版ともいえる英国の大人気ドラマ。シャーロック・ホームズの鋭すぎる観察眼と推理力に現代のテクノロジーを駆使した事件の解決方法が見所で、イギリス特有の皮肉の効いたセリフがポイントとなっています。

普段イギリス英語に慣れていない人には聞き取りずらいかもしれませんが、いい勉強になるのでぜひ鑑賞しておきましょう。

シャーロック・ホームズの名セリフ

シャーロック・ホームズのセリフ

sherlock2

1、Heros don’t exist, and if they did, I woudn’t be one of them.

ヒーローなんて存在しない。たとえいたとしても、私はその一人じゃない。

to exist で「存在する」という動詞になります。

2、I’m not a psychopath. I’m a high-functioning sociopath.

私はサイコパス(精神病質者.)じゃない。私は高機能のソシオパス(社会病質者)だ。

3、Alone is what I have. Alone protects me.

孤独は私が所有するもの。孤独が私を守ってくれるんだ。

aloneは本来形容詞ですが、このように場合によっては形容詞が名詞のような扱いで主語として使われることもあります。

4、Anderson, don’t talk out loud. You lower the IQ of the whole street.

アンダーソン、大声で喋らないでくれたまえ。(道行く)みんなのIQが下がるじゃないか。

whole streetで「通りのすべての人」といったニュアンスになります。

5、Listen, What I said before John, I meant it. I don’t have friends. I’ve just got one.

いいかい、ジョン。前に言ったことは本当なんだ。私には友達が多くない。一人しかいないんだ。

6、Shut up everybody, shut up! Don’t move, don’t speak, don’t breathe, I’m trying to think..

みんな黙ってくれ。動くな、喋るな、息をするな。私は考えようとしてるんだ。

Don’t+動詞で「~するな」という命令文になります。

7、Is it nice not being me? It must be so relaxing.

(君が)私じゃなくてよかっただろ。(私じゃなかったら)とてもリラックスできるだろうからね。

must beで「~であるに違いない」という文になります。

8、Never theorize before you have data.

データを集める前に決して理論立ててはいけないよ。

9、Every fairy tale needs a good old-fashioned villain

どんなおとぎ話にだって、昔ながらのいい悪役が必要なんだ。

ジム・モリアーティのセリフ

old-fashionedは「昔めかしい」、「古くさい」、「時代遅れの」などの意味があります。

watson

10、We solve crimes. I blog about it, he forgets his pants. I wouldn’t hold out too much hope.

私たちで事件を解決して、そのことを私はブログでつづる。(でも)彼(シャーロック)がズボンを忘れたら、大いには期待できないよ。

ジョン・ワトソンのセリフ

to blog で「ブログを書く」という動詞になります。

11、I always hear “Punch me in the face” when you’re speaking but it’s usually subtext.

いつも君は話してるときに「顔を殴ってくれ」って言うけど、だいたい本気じゃないだろ。

ジョン・ワトソンのセリフ

subtextは「サブテキスト」、「言外の意味」、「そこで語られていないこと」などの意味があります。